墓参りの重要性を考える

義務じゃない

お墓参りってどうしてしなければならないの?という若い人の声がたまに聞かれます。では、どうしてお墓参りをしなければならないのでしょうか。お墓参りは義務ではありません。ただ、友情や愛情の表れで、自らの意志でお墓参りをしたいとおもうのです。お墓参りはしなければならないのではなく、お墓参りをしたいと言う気持ちが大切なのです。

 

確かに亡くなってしまった人は、お墓に行っても会うことはできません。しかし、お墓参りをすることで、その亡くなった方を偲び、その方との思い出にふけることが出来ます。思い出にふけることは、全然悪い事ではありません。たしかに、自分の今生きている生活の中で、思い出ばかりにふけり前に進むことが出来ないのであれば、それはそれで問題です。しかし、亡くなった方との思い出はこれ以上作ることは出来ないのです。ですから、思い出にふける機会を作るためにも、お墓参りをすることは重要なのです。例え、お墓に魂が宿っていないにしても、そのお墓には亡くなった方のお骨が納められています。

 

そんな大事なお墓を綺麗に保っておかないと、亡くなった方に申し訳ないと思いませんか?実際に自分がそのお墓に入った時に、誰ひとりお墓参りに来てくれず、草は生え放題で掃除が行き届いていなければ悲しいですよね。またお墓参りをすることによって、家族が集まり思い出話をするということもできます。きっと亡くなった方はそういうことを望んでいるのかもしれません。是非お墓参りは義務と考えずに、自らの気持ちで行くようにしてください。

お墓参りの意味

若い人を中心としてお墓参りをする意味が分からないと言う人がおおいようです。たしかに、お墓に行けば亡くなった人に会えるのか?と言えばそうではありませんし、お墓参りに行ったとしても会えるのは、ただの墓石かもしれません。しかし、お墓参りはとても重要なのです。そしてお墓参りが重要である理由もきちんとあるのです。

 

私達の子供、孫のためにお墓参りは重要なのです。もちろんお墓参りをして直ぐに子孫繁栄に繋がるわけではありませんし、病気が治るといったことでもありません。物理的な問題ではなく、心の問題なのです。お墓参りをするということは、先祖を敬う気持ちがあってこそなのです。つまり、先祖や親戚を大切にするという気持ちは、確かに今の世の中では薄れてしまっているかもしれません。家族が一緒の同じ屋根の下で住んでいるにも関わらず、一言もしゃべらない、家庭内別居等と言うことも良く聞かれるようになりました。しかし、そういう事を避けるために、お墓参りというものが必要なのです。

 

小さいころからお墓参りをしていると、自然と先祖を敬う気持ちが芽生え、両親、兄弟、家族と仲良くなるのです。ご先祖様のお墓参りは家族一家で行くことが多いかと思いますが、その一緒に行くと言う行為が家族の絆をより一層強くさせるのです。是非お墓参りなんか必要ないと思わずに、自分の子供の為を思って、先祖を敬う気持ちを大切にし、お墓参りをするようにしてください。家族で亡くなった人の思い出話に花を咲かせるのも良いのではないでしょうか。

お勧めサイト

国内で英語が必要な仕事はこんなにある
http://www.vectorpedia.com/

 

日本でも英語を使う職業はいっぱいあります。
そんな職業を紹介しているサイトです。

 

アイリストと美容師の関係
http://www.nfljerseysjoy.com/

 

あまり知られていないアイリストと美容師の関係が
詳しく書いてあります。