中期留学中のハプニング

日本は世界中のあらゆる国より、サービスレベルが非常に高く充実しています。ともすればおせっかいと呼びたくなるほどの至れり尽くせりサービスで「お客様は神様」である状況を実現します。
外国はそうはいきません。日本での当たり前がここでも通用しません。そのため1年もの間海外に滞在するのであれば当然予期せぬことが起こります。

語学学校では通常、初心者、中級者、上級者、とレベル分けされ、その中で更に2つか3つにわかれているものですが、よくあるのが「人数が少ないので2レベル合同」と、スクール側の勝手な都合でレベルが統合されているケースです。問い合わせの段階で教えてくれるケースは稀ですから、行ってみて初めて気が付きます。
ただでさえ一概には言えない語学レベル。それを2レベル合同となると、極端にレベルが合わなくなってくることもあります。結果オーライの場合ももちろんありますがうまくいかないケースが大半です。
日本であれば「そのレベルは現在人数が少ないので上のレベルと合同です。今後もその可能性がありますがよろしいですか?」と一声かけてくれるタイミングですが、申し込みの段階でそこまでしてくれるスクールはほぼありません。
かと言って隠しているわけではありませんから、問い合わせの時点で、「何らかの事情で上下のレベルと合同レッスンになっていませんか?」と尋ねれば、事実を教えてくれます。更に突っ込んで聞くなら「ここ1年の間にそういうことは起こっていませんか?」「今は何人ですか?」「今後起こる可能性はありますか?それともありえませんか?」と聞けばより詳しいことがわかります。
決まり事が決まり事として守られているはず、という思い込みを捨てれば色々なことが見えてきます。

 

また別の機会に、役所や学校へ手続きに行く時、あらかじめ持ち物に関して問い合わせをしたとします。その時の問い合わせの仕方によっては全てを聞き出すことができませんからこの場合も注意が必要です。
「学生証と推薦状を持って行けばそれでいいですか?」のような聞き方はしてはいけません。相手がこの問いに対してイエスと答えたからと言って持ち物がこれだけとは限らないからです。現地へ行ってみてそこで更に保険証書が必要だったと気がついたとします。前もって問い合わせたのにおかしいな、と思うかもしれませんが、「保険証書は必要ですか?」と聞いてはいませんから、それが必要ないと勝手に判断した方のミスです。
持ち物を尋ねる時には「何が必要ですか?」と聞き、全てを相手に言わせましょう。そして最後に「それで全てですか?それ以外は何も必要ないのですね。」と念を押しましょう。これで大丈夫。

上記2例は極端なケースです。ただ、実際に起こったことです。外国では馬鹿丁寧な説明は誰も望みませんし、してはくれません。その大原則を知っていればハプニングは減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です